ミルメン

 

20160615_131605

20160615_130905

 

ミルメンは、釜山(プサン)で、夏季によく食べる冷たい麺の一種です。 ミルメンは、釜山(プサン)人たちには夏になると思い出す、また郷愁を誘う代表的な食べ物です。 ミルメンの種類としては水ミルミョンとビビンミルメンがあります。 亀浦素麺、豚クッパなどとともに、6・25戦争時期を前後して生まれたものと推定され、代表的な避難食べ物に挙げられます。

20160615_130002

20160615_13012120160615_125856

ミルメンの淵源に対する正確な記録はないです。 ただ、ミルメンが6・25戦争避難時代から釜山で作られたというのが定説です。 北朝鮮地域出身の失郷民が冷麺が食べたかったけど、冷麺の主材料である蕎麦を得がたく、当時、救援物資の小麦粉にジャガイモ粉を混ぜて冷麺麺と似た面を選んで冷麺の代わりに舌に絡み付くように食べながら始まったものと推定されます。 釜山ではミルメンを食べるとき必ず一緒に餃子を 食べます。そして、1952年釜山でミルメンを始めて現在まで続いているミルメンの 元祖’外堀冷麺’を私もまだ行った事がないです。近いうちに是非行ってみるつもりです。釜山でしか食べられないミルメン!釜山に来た時には是非召し上がって下さい!

 

 

投稿者:

teresajin

韓国釜山で18年間模範タクシーのドライバーをしています。皆さんの釜山旅行がより安全で楽しい旅行が出来るよう頑張っています。釜山の旅行を準備している方や旅行じゃなくても韓国について知りたいことがありましたら何でもいいです。聞いて下さい~~~!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です